秋の花粉症:新宿区|アレルギー科専門サイト

東京都新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F  Tel 03-6304-5253

秋の花粉症

秋に飛散する花粉として、イネ科植物、キク科のブタクサ、ヨモギ、またクワ科のカナムグラがあげられています。とくにキク科の花粉が、秋の花粉症の原因となることがしられています。

花粉症といえば、春のスギ花粉症がよく知られていますが、秋にも花粉症があります。おもにキク科の雑草花粉が原因となり、ブタクサとヨモギが代表的です。8月頃から花粉が飛びはじめます。
スギ花粉症に比べると頻度が低いためにあまり知られていませんが、また風邪と間違えやすい症状のため、見落とされている可能性があります。

ブタクサ(キク科)

道端、空き地、河川敷などに全国に広く分布し、秋の花粉症の原因として代表的な雑草です。飛散時期は、8月~10月です。日本ではスギ、ヒノキについで花粉症患者が多いとされています。特に南関東で花粉症が増加していると考えられています。アメリカではブタクサによる花粉症の患者数が最も多いとされています。

ヨモギ(キク科)

繁殖力が強く、平地から高山まで全国に広く分布しています。飛散時期は、8月~10月です。ブタクサとならび、秋の花粉症の原因として代表的な雑草です。汁物、天ぷらなどの食用、薬用としてもふだんから馴染みの雑草です。

カナムグラ(クワ科)

野原、荒れ地、道端などに全国に広く分布しています。飛散時期は、8月~10月です。花粉症の頻度は、それほど高くはありませんが、秋の花粉症の原因となります。

以下のような症状の方はお気軽にご相談ください
 

アレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性結膜炎、アレルギー疾患

PAGE TOP