花粉症の予防薬:新宿区|アレルギー科専門サイト

東京都新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F  Tel 03-6304-5253

花粉症の予防薬

花粉症の予防には、花粉症のアレルギー症状を軽くする花粉症予防薬を使用します。

予防薬の使用方法

花粉症への効果が出るまでに、1~2週間かかるので、シーズンを通して症状を軽くする効果的な医薬品の使い方としては,花粉の飛散開始日を基準として、その2週間程度前から毎日予防的に抗アレルギー薬(アレグラ、エバステル、アレジオン、アレロック、ジルテックなど)の内服や、点鼻薬(フルナーゼ、ナゾネックス)・抗アレルギー薬の点眼薬(パタノ-ル、ザジデン)や漢方薬などを使います。花粉症予防薬を使用する場合は、花粉症のシーズン開始の2週間ぐらい前からシーズン終了までは、毎日欠かさず抗アレルギー薬を飲むことで花粉症への高い効果を期待できます。シーズン中の薬の効果を、より高めるための助走の効果があります。

予防薬の種類

くしゃみ・鼻汁・鼻づまりの症状が出ることが予想される方は、抗アレルギー薬(アレグラ、エバステル、アレジオン、アレロック、ジルテックなど)を内服します。最近の抗アレルギー薬は、眠気が少なく、1日1回の内服でコントロールできるものが増えています。眠気が少なく、1日1回の内服できるものとしてはエバステル、クラリチン、アレジオンなどがあります。

鼻汁、鼻づまりの症状が強く出ることが予想される方は、点鼻薬(フルナーゼ、ナナドラ)を使用します。直接粘膜に働くため、眠気がないのが利点です。

その他には、鼻づまりの症状が強く出ることが予想される場合、ロイコトルエン拮抗薬(オノン、シングレア)やトロンボキサンA2拮抗薬などの薬剤を併用することもあります。目のかゆみの症状が強く出ることが予想される方は、抗アレルギー薬の点眼薬(パタノール、ザジデン)を使用します。

漢方薬について

漢方薬は、花粉症に対しては症状の緩和だけでなく、全身の体質改善も期待して使われることもあるため、予防的に内服することもあります。小青竜湯(ショウセイリュウトウ)や葛根湯加辛夷川(カッコントウカセンキュウシンイ)などがあります。

以下のような症状の方はお気軽にご相談ください
 

アレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性結膜炎、アレルギー疾患

PAGE TOP