花粉症の市販薬:新宿区|アレルギー科専門サイト

東京都新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3F  Tel 03-6304-5253

花粉症の市販薬

薬局で市販されている花粉症の薬と病院で処方される薬の違い

一般的には、古くて長い使用経験のある薬から市販薬として認可されて薬局で市販されます。そのため現在の市販薬は、かなり以前に開発された薬の成分を使って作られています。もちろん、古いからよくないというわけではありませんが、全体的には眠気の強いものが多いのです。そのため、市販薬の服用経験しかない方は花粉症の薬はすべて何を飲んでも眠いと誤解されている場合もあります。花粉症治療薬は眠くなるから困ると、お悩みの方も多いと思いますが、病院で処方される薬の中には、眠気のない薬もあります。
市販薬の多くは第一世代抗ヒスタミン薬です。新しく開発された第二世代抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬とも呼ばれていて、病院で処方される薬の中心になっています。副作用を軽減し、眠気が少なく、中には、ほとんど眠気がない薬もあります。抗アレルギー薬にはアレグラ、エバステル、アレジオン、クラリチン、アレグラ、アレロック、ジルテックなどがあります。
最近の抗アレルギー薬は、眠気が少なく、1日1回の内服でコントロールできるものが増えています。
眠気が少なく、1日1回の内服できるものとしてはエバステル、クラリチン、アレジオンなどがあります。目安をあげると、効果を3段階に分けると以下のようになります。

抗アレルギー薬について

処方 眠気 効果 効果段階
アレグラ 1日2回 ほとんどない 強い 2
クラリチン 1日1回 ほとんどない やや強い 1
エバステル 1日1回 ほとんどない 強い 2
アレジオン 1日1回 ほとんどない 強い 2
アレロック 1日2回 あり かなり強い 3
ジルテック 1日1回 あり かなり強い 3
以下のような症状の方はお気軽にご相談ください
 

アレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性結膜炎、アレルギー疾患

PAGE TOP